前へ
次へ

結婚式のマナーで台風が来そうなとき

1年の中で結婚式が多い季節として秋があります。
暑すぎる夏や寒すぎる冬は避けられる傾向があり、なにかとバタバタする春も選びにくいようです。
気候も落ち着いて春に比べると慌ただしくなくさらに祝日が多いのも秋のいいところでしょう。
ただ秋の問題点として台風があります。
日本は台風の通り道になることが多く、毎年いくつかの台風が日本に上陸して被害をもたらします。
結婚式のマナーとして台風の時の対応を知っておくと良いでしょう。
まず結婚式をする側の対応ですが、予報などで直撃が分かっているなら中止も視野に入れながら式場の担当者と相談をしましょう。
当日に急に話をしようとしても延期などは難しい時もあります。
結婚式のマナーとしてはゲストにも配慮することでしょう。
遠方から来てもらう人には無理をしないよう伝えないといけませんし、会場まで歩く必要があるなら車を用意しないといけないときもあります。
ずぶ濡れのゲストにも対応できるよう式場と話し合いをしておきましょう。

Page Top