前へ
次へ

結婚式のマナーは大切です

結婚式のマナーとしてまず注意したいのは、式場に行く際に遅刻をしないということです。
また、新郎新婦の両親などに会ったら「本日はおめでとうございます」などと、しっかりと挨拶をするべきなのでこの点もよく考えておいた方が良いでしょう。
さらにご祝儀を渡すときにはこれを向きだしでとり出さないで、袱紗(ふくさ)に包んで持っていくこともマナーとして大切と言えます。
そして結婚式のマナーとしては、披露宴では大声を出して雰囲気を悪くしないようにすることも大事ですし、食事の場合はナイフやフォークを適したやり方で使うようにした方が良いでしょう。
それから当日になって欠席することになった場合は新郎新婦ではなく、会場の人の方に知らせるようにしてその日から数日以内に新郎新婦に手紙とご祝儀を送るようにすることをお勧めします。
また、子どもと一緒に参加する場合にはその子が大声で騒いだり泣いたりしないように気を遣うことも大切ですし、どうしてもそうなった場合には会場でうるさくさせないで会場の外に連れ出すことも大切です。

Page Top