前へ
次へ

結婚式のマナーを守って出席しましょう

結婚式にお呼ばれしたときは、結婚式のマナーを守りましょう。
まず、結婚式に出席するときは、絶対に遅刻をしないことが重要です。
受付は混み合うことを想定して、受付開始時間の15分前に到着するように会場に向かえば、遅刻を避けることができるので安心です。
会場に到着したら、大きな荷物やコートはクロークに預けておくとスムーズに動くことができます。
受付係の人には、祝福の気持ちを込めて挨拶をしてからご祝儀を渡しましょう。
このときに頭に入れておきたいのは、ご祝儀はふくさに包んで持って行くということです。
ふくさに包むことは贈り物を丁寧に扱うことになりますので、相手への礼儀としてご祝儀は必ずふくさに包んで持参しましょう。
また、芳名帳に自分の名前を記入するときは、丁寧に書くことも大切です。
後は、挙式の案内があるまで待合室で待機することになります。
待合室は大勢のゲストが集まる場なので、友人がたくさん集まったとしても、決して大きな声でおしゃべりなどしないように、静かに待機するのも結婚式のマナーの一つです。

Page Top