前へ
次へ

結婚式のマナーとして傘が必要な時

ジューンブライドとの言葉があり欧米などでは6月に結婚すると幸せになると言われています。
となると6月は結婚式をする人も多くなりそうに感じます。
日本でもジューンブライドの言葉はありますが、日本ではあまり6月に結婚式をしようとする人はいません。
日本の6月は梅雨なのでどうしても雨が降りがちになります。
その年によって梅雨の状況が異なるので難しいところですが、可能性として降りやすいならと6月を避けて行うことが多いようです。
ただ日本は雨季や乾季がはっきり分かれておらず、梅雨以外でも雨が降ることはそれなりにあります。
結婚式のマナーとして雨に降られたときにどんな傘を持参するのがいいのかを知っておくと良いでしょう。
一応特に決まりはないので、一般的に使っている傘を持って行けばいいでしょう。
突然降られてコンビニなどでビニール傘を調達することがあるでしょうが、それでも問題はありません。
結婚式のマナーとして折り畳みよりも長い傘の方が良いと言えそうです。

Page Top