前へ
次へ

の結婚式のマナー、ご祝儀について

結婚式の際、祝いの気持ちを込めて新郎新婦にお金を包んで渡すものがご祝儀です。
そんなご祝儀にもしっかりとしたマナーがあり、知らなかったでは相手と自分に恥をかかせてしまうことになってしまいます。
その為、結婚式のマナーの1つであるご祝儀についてを把握しておくことがとても大切です。
ご祝儀では、平均的に3万円ほどの金額を包んで渡すのが一般的と言われています。
また、4万円と9万円は不吉なイメージがある為、絶対に避けた方が良い金額です。
基本的には、平均額である3万円ほどを包み、親しい仲やお世話になった間柄である場合にはプラスで追加することがおすすめです。
親しい人やお世話になった人に増額するのには、日頃の感謝を伝える意味合いも込められています。
結婚式のマナーの1つであるご祝儀について、しっかりと把握して結婚式に望むことがとても大切になります。
おめでたい場で失敗をしない為にも、マナーについて理解していくことが必要です。

Page Top